料理用語

サルティン・ボッカ [サルティン・ボッカ]
サルティンボッカ(saltimbocca または saltinbocca、イタリア語で「口に飛び込む」)は、仔牛肉・鶏肉・豚肉などに、生ハム(プロシュット・ディ・パルマ)とセージを乗せたり並べた料理で、単品あるいはワイン・オイル・塩水のマリネと共に盛り付けられる。好みによってはケッパーをトッピングする。スイス南部、イタリア、スペイン、ギリシャでポピュラーな料理である。この料理の最も有名な調理法は...

サルティン・ボッカ [サルティン・ボッカ]
サルティンボッカ(saltimbocca または saltinbocca、イタリア語で「口に飛び込む」)は、仔牛肉・鶏肉・豚肉などに、生ハム(プロシュット・ディ・パルマ)とセージを乗せたり並べた料理で、単品あるいはワイン・オイル・塩水のマリネと共に盛り付けられる。好みによってはケッパーをトッピングする。スイス南部、イタリア、スペイン、ギリシャでポピュラーな料理である。この料理の最も有名な調理法は...

サルティン・ボッカ [サルティン・ボッカ]
サルティンボッカ(saltimbocca または saltinbocca、イタリア語で「口に飛び込む」)は、仔牛肉・鶏肉・豚肉などに、生ハム(プロシュット・ディ・パルマ)とセージを乗せたり並べた料理で、単品あるいはワイン・オイル・塩水のマリネと共に盛り付けられる。好みによってはケッパーをトッピングする。スイス南部、イタリア、スペイン、ギリシャでポピュラーな料理である。この料理の最も有名な調理法は...

サルティン・ボッカ [サルティン・ボッカ]
サルティンボッカ(saltimbocca または saltinbocca、イタリア語で「口に飛び込む」)は、仔牛肉・鶏肉・豚肉などに、生ハム(プロシュット・ディ・パルマ)とセージを乗せたり並べた料理で、単品あるいはワイン・オイル・塩水のマリネと共に盛り付けられる。好みによってはケッパーをトッピングする。スイス南部、イタリア、スペイン、ギリシャでポピュラーな料理である。この料理の最も有名な調理法は...

セコンド・ピアット [セコンド・ピアット]
主菜。直訳すると第二皿となる。魚料理と肉料理の両方であればまず魚が供される。

セコンド・ピアット [セコンド・ピアット]
主菜。直訳すると第二皿となる。魚料理と肉料理の両方であればまず魚が供される。

セコンド・ピアット [セコンド・ピアット]
主菜。直訳すると第二皿となる。魚料理と肉料理の両方であればまず魚が供される。

セコンド・ピアット [セコンド・ピアット]
主菜。直訳すると第二皿となる。魚料理と肉料理の両方であればまず魚が供される。

ディジェスティーヴォ [ディジェスティーヴォ]
食後酒。グラッパやリモンチェッロなどのリキュール類が小さなグラスで供される。

ディジェスティーヴォ [ディジェスティーヴォ]
食後酒。グラッパやリモンチェッロなどのリキュール類が小さなグラスで供される。

ディジェスティーヴォ [ディジェスティーヴォ]
食後酒。グラッパやリモンチェッロなどのリキュール類が小さなグラスで供される。

ディジェスティーヴォ [ディジェスティーヴォ]
食後酒。グラッパやリモンチェッロなどのリキュール類が小さなグラスで供される。